カードローン審査で重要視される「スコアリング」って?

 

カードローン審査で、最も重要視されるのは申し込んでからすぐに行われる「スコアリング」になります。

 

通常ではカードローンなどの審査内容を教えてくれる事はありませんが、あらかじめある程度は知っておくことはできます。知った上で審査に臨むほうが対策を取りやすいのは確かです。

 

「スコアリング」の評価基準と手法を抑えれば、審査を格段に有利に進めることもできるでしょう。

 

「スコアリング」の審査について解説します。

 

・「スコアリング」の手法

スコアリングは申し込みの時に入力した内容を点数化することにより合否が決まります。

 

項目ごとの点数や合格合計点数は金融機関によって違いがありますが、この審査に通らない限りはお金を借りることはできません。

 

・「スコアリング」の評価基準

「スコアリング」は項目によって評価が異なる評価基準になっています。

 

総合点数のウェイトが高いのは、勤務先の規模、勤続年数、年収、他社借入額、他社借入件数の順です。

 

固定電話を家に設置している人は携帯電話のみの人に比べて審査に受かりやすいと言われていますが、電話のウェイトは微々たるものですから、他の大きな項目をクリアしなければ審査には通過しません。

 

・あなたの「スコアリング」を改善させる

「スコアリング」を良くしたいと思っても、嘘はいけませんし安定企業に転職なんてもっとできません。

 

一つだけ努力次第で改善できるのが、『借入先件数』になります。

 

借入先件数はおまとめローンで件数を絞ることが可能です。

 

借入件数が2件以下になるとスコアリングが有利に進められますので、頑張って減らしてください。

 

「スコアリング」は審査の最初に行われ、この審査に通過したら嘘情報を書いたなどよっぽどのことがない限り審査に通過します。

 

評価基準と手法を理解して、審査通過を目指してください。